« 07-8-14トルファン | トップページ | 07-8-16カシュガル① »

2007年8月15日 (水)

07-8-15ウルムチ~カシュガル

07-8-15(水)

今日はカシュガルへ移動。御用とお急ぎなのでウルムチから飛行機で。

ウルムチ着いた日に予想以上に寒かったので宿の対面の卸ショッピングビル(ぁゃιぃ)で買ったセーター上着。

Dscf0793

20元くらいだったと思う。値段の割に悪くなかったけど荷物になるので捨ててというか置いていきました。だれか着てくれてるといいなあ?

Dscf0794

新疆飯店。向かいの道は工事中。

Dscf0795

この掘っ立て小屋みたいのでナン焼いてたので買ってみた。雑巾みたいに汚い布でつかんでたのでどうかなと思ったけどすごくおいしかった。正直ナン自体あまり期待してなかったと言うかもっとモソモソしたものを想像してたんだけど、外側はカリっと中は気泡が入っていてもっちり、意外ときつめの塩味がついててここのは刻んだタマネギが入っててマジで止まらないうまさ。日本でうまいバゲット焼く店見っけたときのような感動。このナンちぎりながらワインはかなりいけそう(無かったけど)

Dscf0797

一方食堂で食べてみた朝食名前失念。こっちは特に可もなく不可もなく。

路線バスでウルムチ空港へ。ウルムチの路線バスは分かりやすかった、気がする。

Dscf0799

メインのターミナル。

Dscf0800

国際線ターミナル。ウルムチからはウイグル主要都市間以外パキスタンとかなんかそれっぽい国際線が就航している。

さて、ウルムチ空港は国内線のハブ空港みたいな感じで、中国各大都市と結構ひっきりなしに飛行機が行ったり来たりしているので大混雑。チェックインカウンターもよくわからんし1回並んだところ割り込まれまくった挙句間違っててたらいまわしになった。後から分かったが150元払うと係の人が代わりにやってくれるらしい。さすが超資本主義国地獄の沙汰も金次第。帰りお金余ってたらやってみよっと。

カシュガル空港から乗合のワゴンバス10元が出てて其尼瓦克賓館って言ったらちゃんとおろしてくれた。其尼瓦克賓館はツイン120元の部屋にした。ドミトリーもあるらしい?

Dscf0801

部屋。立派。部屋にトイレとシャワーもついてた。テレビもあったのでウイグル人のウイグル語のウイグル番組を堪能?しました。

Dscf0803

宿は建屋が2つあって、安いほうはこっちの離れ。集合住宅みたいだけど清潔感があって問題は無い。

宿の敷地に何故か車が展示してあった。値段もついてたし売ってる?

Dscf0805

US$4,050だって。や、安いのかな・・・?

早速歩いてすぐのエイティガール寺院へ。

Dscf0806

脇道かと思って入った通路が寺院に通じてて、ちょうど礼拝中でこっぴどくしかられてしまいました。決して冒涜するようなつもりは・・・ゴメンナサイ※礼拝時間以外は脇の扉は閉まってるみたいです^^;;;;;;

Dscf0807

エイティガール寺院脇の広場&ショッピングモール(?)それっぽく作ってるけど明らかに年代が違う。それは別にいいけど全然テナント入ってないんですけど。元々住んでたウイグル人から地上げって作ったという噂なので目測誤って地価上がりすぎて誰も入れなくなっちゃったんでしょうか・・・

Dscf0808

エイティガール寺院脇の御土産屋。比較的勝ち組がやってるんだろうけどさっきの廃墟よりはずっと風情がある。

Dscf0809

1本裏に入った通り。

Dscf0810

エイティガール寺院近くの食堂にてラグメン。麺は機械打ちっぽくて平たく薄くてふにゃっとしていた。あとシシカバブを3本頼んだはず。シシカバブあんましスパイシーではなかった。ウルムチの方が趣味に合ったな。それとも別途頼まないと味付してくれないのかな?全体的に中国語があまり通じなくて不便(※勿論悪いことではない)。英語はもっと通じない。ホントは中国人と思われたくないから中国語で話したくないんだけど・・・^^;あ、あー後酒が頼めないのが辛かったな。こう書いてみるとホントダメ人間だな・・・

Dscf0811

店の前でもうもうとシシカバブを焼く。うちわで扇ぐ。煙が公害並みなので店内では焼けないのは当然店内には外に向けて扇風機が回ってたりする。

西域らしく夕飯食べ終わって北京時間21時半頃でもまだ明るかったけど帰って寝た。

|

« 07-8-14トルファン | トップページ | 07-8-16カシュガル① »

07-8ウイグル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 07-8-14トルファン | トップページ | 07-8-16カシュガル① »