« 07-12-31アモイ~永定 | トップページ | 08-1-2永定~アモイ »

2008年1月 1日 (火)

08-1-1永定

 布団の中で震えながらあけましておめでとう。

Dscf1428  土楼で飼ってるこけこっこーが鳴いて朝が来てようやく土楼の門が開く時間になったので、近代的な宿の方へ移動することに。しかし、我らが環興楼はここまで見た土楼の中でも断トツぼろくないか?入口にあった環興楼管理委員会のご案内によると1550年に建設が始まったとのこと。

 近所で朝食に米苔目(台湾でしか言わない?太くて短いビーフン)を食べて今日もバイクで土楼めぐり。

Dscf1436 Dscf1438  衍香楼。中には入らず外だけ。入るかどうかはバイクタクシーのおっちゃんが決めてます。ちなみに今日の運ちゃんは昨日とは違う人で、ヘルメット貸してくれなかった
次は中がまるく二重になってるので有名な環極楼。内側が回音壁になってて音がよく響く(真中にいる人によく聞こえる)からやってみろと言われて手を叩いてみた。確かによく聞こえたような記憶?奥の廟が観光客向けなのか結婚式モードになっていた。 Dscf1446 Dscf1451

 Dscf1455 それからバイクで南渓の土楼がよく見えるスポットに連れて行ってもらった。

 最後に、円楼王承啓楼。

Dscf1461

どーーーーーん

 運ちゃんに、中はどこも一緒だから入場料払って入ることないよ、と言われた。普段ならせっかくガイドブックに載ってるしそれでも入ってみるけど、何しろ今はお金がないので他の土楼より圧倒的に高い入場料を払って入る気にはならなかった。正直土楼おなかいっぱい、ってのもあった。

 Dscf1463_2 Dscf1469 Dscf1470_2

  隣には世澤楼、五雲楼という方楼(四角い楼)がある。入口から覗いて写真撮ってたら怒られた。運ちゃんがなんか言ってくれてなんとなくうやむやになった。

Dscf1471 Dscf1472 Dscf1473  永啓楼を見終わった後バイクでしばらく移動したら、宿のある場所よりかなり手前で「ここで終わり。ここからは歩き」と下ろされた。宿で会ったような記憶もある女の子がいて、そのこがついて来いと言うのでついてったらどんどんけもの道に入っていく。いや~宿はこの大通り沿いのはずだけど・・・

 かなり険しいけもの道を抜けると、眼前に畑と土楼が広がった。女の子は「じゃ、ここで」と言っていなくなってしまった。ここはどーこーだー 方角からしてあっちが宿、という方にずんずん進んで行ったら、一瞬「永定客家土楼民俗文化村」敷地内と思しき場所を突き抜けて見覚えのある場所に出た。宿にのこのこと帰ったら「なんだもう戻ってきたのか!」と口々に言われた。事情を話したら「わざわざ裏から入れるように連れてってあげたのにー!」とのことだった。そうだったのか!きっと昨日コースを決める時点で説明を受けてたんだろうけどスルーしてたんだな・・・普段なら!ちゃんと正面から正規の料金を払って入るところだけど、今は何しろお金がないので、50元も大金を払うことができないので、もっかい連れてってもらった。。。日帰りツアーで来る団体と違って個人で泊まりで来てお金を落としてくれる客に対するサービスなのであろう(※お金は多少取られている。)

 さて、土楼アミューズメントパーク「永定客家土楼民俗文化村」リベンジ。しかし土楼もう書いてて膨満感が出てきたので、整備された文化村ならではの見どころを紹介。

Dscf1490

名物らしいけどどこでも見つけられなかった芋卵包。

結局写真しか見つけられなかった。

Dscf1492 あやつり人形

Dscf1502 なんだか西洋かぶれの人が建てたらしい土楼

Dscf1539 敷地はとても広い。南国風な日傘の立った休憩所があるのが見えますか? Dscf1544 全然写ってないけど模擬結婚式みたいのしてた。
敷地内に学校があった。敷地内にはおびただしい数の土楼があって、それぞれ現役で人が住んでる。 Dscf1549 資料館みたいのがあった。ばふたん巨大化 Dscf1577

 ひととおり見て戻って、昨日のバイクの運ちゃんに頼まれごとをしてたので家を訪ねた。昨日聞いた手紙をくれる日本人女性に自家製干し柿送ってくれということでパックした干し柿をもらった。便乗して私ももらっちゃった。私にはパックしたのの他にすぐ食べられるようにって袋に入れたのもくれた。袋の方を貴重な食料として、パックの方を会社のお土産にしよう。土産買うお金がないからちょうどよかった^^;写真撮ってないんだけど、中国の干し柿はZ方向につぶしてある。それは台湾のもそうだった。んでもって日本のより柔らかい気がするなあ。干し柿なんて久しく食べてないから分からないけど。

 ところで、本日は人生救いの神、命の恩人との出会いがあった。記憶の時系列がいま一つうやむやだけど、昼間宿に戻ったらちょうど龍岩から着いた日本人ご家族がいらして、お昼を食べるけど、中華料理は大皿だから大勢で食べた方がいい、と言って私にごちそうしてくれたのだ!まさに、救世主降臨!このご家族広州駐在中で、広州から列車で龍岩まで来たそうだ。土楼に泊まるつもりとのことで、寒いですよトイレ厳しいですよと散々言ってしまったが、かえって楽しみが増した模様だった。お子さん3人連れで来てた時点で英雄。夜もごちそうになっちゃった。いつか機会があったら是非ともお礼をさせていただきたいなあ~~~

-----

 そしてまた土楼の夜がやってきた。今夜は隣の部屋に若い日本人の男の子が泊っている。壺で出くわしたらやだな~・・・壺には何度も行ったが男の子には会わなかった。めでたしめでたし 昨晩は気付かなかったがみっちみちにウサギがつめられたでかいかごがあった。昼間は放してるのかなあ?うさぎおいし

|

« 07-12-31アモイ~永定 | トップページ | 08-1-2永定~アモイ »

08-1アモイ・永定土楼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 07-12-31アモイ~永定 | トップページ | 08-1-2永定~アモイ »